ふくしまニュースリリースは、福島県内のお店や会社が自らニュースを発信できるホームページです。

福島民報社 広告局
024-531-4161

> ニュース一覧 > 2019年12月21日、民族歌舞団ほうねん座 創立五十周年記念作品『豊稔まつり 未来を拓く 福島公演』を、福島市のこむこむで開催します(ふくしまニュースWeb)- 2019.12.04(水) 07:30

ニュース

2019年12月21日、民族歌舞団ほうねん座 創立五十周年記念作品『豊稔まつり 未来を拓く 福島公演』を、福島市のこむこむで開催します

ふくしまニュースWeb

2019.12.04(水) 07:30

2019年12月21日、民族歌舞団ほうねん座 創立五十周年記念作品『豊稔まつり 未来を拓く 福島公演』を、福島市のこむこむで開催します

『みちのく』の芸能で綴るお祭り舞台。故郷に再生の祈りを込めて、滋味豊かな大地を未来まで紡ぐ

2019年12月21日(土)、福島市のこむこむで、民族歌舞団ほうねん座が創立五十周年記念作品『豊稔まつり 未来を拓く 福島公演』を上演します。

『豊稔まつり』は、民族歌舞団ほうねん座の創立五十周年を記念して製作されました。2015年4月にほうねん座の地元宮城県仙台市で初演、以来各地で上演されています。稲作文化の芸能「えんぶり」や、宮城県の漁師さんが唄っていた民謡「大漁唄い込み」、「霊山太鼓」など主に東北地方に伝わる民族芸能で綴るお祭り舞台です。

ほうねん座の福島公演は14年ぶりです。「ふるさと」を祭りや芸能を通して新たな気持ちで体感してみませんか?多くのみなさまのご来場をお待ちしています。


【民族歌舞団ほうねん座について】
ほうねん座は1964年に宮城県で誕生しました。『種撒く限り豊作の喜びを願わぬ者はない』というキャッチフレーズを掲げ日本に古くからのこる民俗芸能で舞台作品を製作し上演活動や講座活動をおこなっている集団です。ほうねん座は「民俗芸能」の「力」の源泉を大事にしながら老若男女全ての人が楽しめる舞台を上演しています。現在は仙台市太白区秋保町に本部を構え,主に南東北を中心に全国で活動しています。http://www.hounenza.com/


■開催日
2019年 12月21日(土)


■時間
開演13:30(開場13:00)


■場所
福島市子どもの夢を育む施設 こむこむ わいわいホール


■プログラム
えんぶり
霊山太鼓
虎舞
海のしごと唄 ~網おこしの木遣り 大漁うたいこみ~
獅子舞
大漁祝祭囃子 他
※上演時間約100分(間に10分間の休憩)
※上演予定の芸能が変更になる場合があります。


■チケット料金
一般・大学生2,500円、高校生以下1,000円、親子3,000円
※当日券は500円増
※親子は大人1名と高校生以下1名
※未就学児童が膝の上で鑑賞の場合、無料


■チケット取り扱い
とうほう・みんなの文化センター(福島県文化センター)、福島テルサ、中合福島店、福島演劇鑑賞会


■お問い合わせ
福島ほうねん座をみる会
TEL :024-542-8755(はなひらの 板橋)

企業情報 企業データ

ふくしまニュースWeb ( ニュース配信 )

〒 9608254 福島県福島市南沢又河原前11番地 [株式会社ライクス内Web事業部]
TEL : 024-557-8053
ホームページ : http://www.like-s.jp/
e-mail:info@news-r.jp