ふくしまニュースリリースは、福島県内のお店や会社が自らニュースを発信できるホームページです。

福島民報社 広告局
024-531-4161

> ニュース一覧 > 世界初!アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で、当館飼育員が発見した新種「ヒラサワツブゲンゴロウ」の生体展示がはじまりました(2021年1月6日~)(ふくしまニュースWeb )- 2021.01.17(日) 07:30

ニュース

世界初!アクアマリンいなわしろカワセミ水族館で、当館飼育員が発見した新種「ヒラサワツブゲンゴロウ」の生体展示がはじまりました(2021年1月6日~)

ふくしまニュースWeb

2021.01.17(日) 07:30

新種のゲンゴロウとして認定された「ヒラサワツブゲンゴロウ」

猪苗代町の「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」で、2021年1月6日から、新種「ヒラサワツブゲンゴロウ」の生体展示が始まりました。

このゲンゴロウは、2018年6月に当館の平澤桂チームリーダー が福島県川内村の平伏(へぶす)沼を調査した際に採集し、その後「石川県ふれあい昆虫館」の渡部晃平学芸員らの研究により、新種であることが明らかになりました。

東日本に分布する新種のゲンゴロウとして、2020年12月30日に出版された日本昆虫分類学会の学会誌「Japanese Journal of Systematic Entomology」に記載・発表されました。

本種は、渡部学芸員が共同研究者の「名古屋市衛生研究所」の上手雄貴研究員とともに命名し、「ヒラサワツブゲンゴロウLaccophilus hebusuensis Watanabe et Kamite, 2020」となりました。

学名の「hebusuensis」は、模式産地の平伏沼にちなみ、和名の「ヒラサワ」は発見のきっかけとなる生体を採集した当館チームリーダーに献名されたものです。

「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」と同時に、「石川県ふれあい昆虫館」でも、世界初となる生体展示を開始しています。


■展示期間
2021年1月6日(水)~


■場所
アクアマリンいなわしろカワセミ水族館
(福島県耶麻郡猪苗代町大字長田字東中丸3447番地4)


■開館時間
冬期 11月1日~2月28日:9:30~16:00
通常期 3月1日~10月31日:9:30~17:00
(最終入館は閉館時間30分前)


■入館料金
高校生以上700円 小・中学生300円


■お問合せ
アクアマリンいなわしろカワセミ水族館
TEL 0242-72-1135
公式HP https://www.aquamarine.or.jp/kawasemi/
Twitter https://twitter.com/InawashiroAQ

企業情報 企業データ

ふくしまニュースWeb Provided by Like-s ( ニュース配信 )

〒 9608254 福島県福島市南沢又河原前11番地 [株式会社ライクス内Web事業部]
TEL : 024-557-8053
ホームページ : http://www.like-s.jp/
e-mail:info@news-r.jp