ふくしまニュースリリースは、福島県内のお店や会社が自らニュースを発信できるホームページです。

福島民報社 広告局
024-531-4161

> ニュース一覧 > 8/1~8/10まで、新地町町制施行50周年記念「―新地を愛し、新地を描いた天才画家・齋藤研の世界― 《我が愛する町・齋藤研の新地》」を開催します(ふくしまニュースWeb )- 2021.08.01(日) 07:30

ニュース

8/1~8/10まで、新地町町制施行50周年記念「―新地を愛し、新地を描いた天才画家・齋藤研の世界― 《我が愛する町・齋藤研の新地》」を開催します

ふくしまニュースWeb

2021.08.01(日) 07:30

ポスターに使われた作品は、1994年に制作された「断片的なエピソード」2590×1940mm(部分)です。左上に新地町にある火力発電所が描かれています

関連イベントとして8/1はオープニング・ギャラリートーク、8/9は夏休みの創作にぴったりのワークショップ「楽しいスチレン版画」を予定しています

齋藤研は、新地を愛し、新地を描いた天才画家です。1990年代初めに福島県新地町の鹿狼山中腹に築いたアトリエを拠点に制作してきました。アトリエでは、新地町の風景を繰り返し描きました。しかし、2016年に病が見つかり、無念にも2020年1月にその生涯を閉じました。告別式には分野を超えた著名な方々も駆けつけ、別れを惜しみました。
震災から10年、この度、齋藤研の遺した新地の風景を中心に、遺作展を新地町で開催します。高校時代描いた新地の風景、卒業制作、絶筆等エポックな作品も並びます。200号・100号の大作から0号まで、約80点の大規模な展覧会になる計画です。
新地を愛し、新地を描いた齋藤研の試みと、到達した芸術を味わい、楽しんでください。

■タイトル
新地町町制施行50周年記念 ―新地を愛し、新地を描いた天才画家・齋藤研の世界―
《我が愛する町・齋藤研の新地》

■会 期
2021年 8月1日(日)~8月10日(火)
9:00~17:00  ※会期中無休

■会 場
新地町文化交流センター(観海ホール)
福島県相馬郡新地町駅前1-3(JR新地駅前)
TEL 0244-32-1301 FAX 0244-32-1302

■入場無料

■関連イベント
・オープニング/8月1日(日)14:00~
・ギャラリートーク/8月1日(日)15:00~16:00
話者:入江観、今井信吾
場所:観海ホール展示会場
・ワークショップ「楽しいスチレン版画」/8月9日(月)11:00~16:00
 スチレン版画は、スチレンボードにボールペンなどで絵を描くだけで、簡単に作ることができます。夏休みの創作に! どなたでもお気軽にご参加ください。
講師:東田理佐
 場所:観海ホール・ラウンジ
対象:幼児から大人までどなたでも
参加費、材料費:無料 
※時間内随時受付(制作時間約30分)

■主催 我が愛する町・齋藤研の新地実行委員会

※齋藤研についてのお問い合わせは、一般社団法人齋藤研記念研究会
E-mail: saitokenkenkai@gmail.com
※展覧会の変更等の情報は、新地町のホームページでご確認ください。
https://www.shinchi-town.jp/

企業情報 企業データ

ふくしまニュースWeb Provided by Like-s ( ニュース配信 )

〒 9608254 福島県福島市南沢又河原前11番地 [株式会社ライクス内Web事業部]
TEL : 024-557-8053
ホームページ : http://www.like-s.jp/
e-mail:info@news-r.jp