ふくしまニュースリリースは、福島県内のお店や会社が自らニュースを発信できるホームページです。

福島民報社 広告局
024-531-4161

> ニュース一覧 > いわき市勿来関文学歴史館で、企画展「大須賀筠軒とその時代」を開催中です《2021年11月20日~2022年2月15日》(ふくしまニュースWeb )- 2021.12.03(金) 07:30

ニュース

いわき市勿来関文学歴史館で、企画展「大須賀筠軒とその時代」を開催中です《2021年11月20日~2022年2月15日》

ふくしまニュースWeb

2021.12.03(金) 07:30

いわき市勿来関文学歴史館 令和三年度第三回企画展「大須賀筠軒とその時代」

会期中は、関連イベントとして、講演会やクラフト教室、ギャラリートークを開催します

2021年11月20日(土)~2022年2月15日(火)、いわき市勿来関文学歴史館で、企画展「大須賀筠軒とその時代」を開催中です。

大須賀筠軒(1841~1912)は、磐城平藩の儒学者神林復所を父に持ち、幅広い知識と多彩な才能で漢詩人、芸術家、教育者、郷土史家、実業家として業績を残しています。第二高等学校(東北大学の前身)の教授を勤め、死後刊行された『緑筠軒詩鈔』などで知られる漢詩人ですが、古代から近代までの通史『磐城史料』や年中行事などを記した『磐城誌料歳時民俗記』などの著作は、当地の歴史を語るうえで重要な位置を占めています。また、芸術にも造詣が深く、書画にも秀で多くの作品を残しています。

筠軒が生きた幕末から明治にかけて社会は大きく変動し、その生涯は時代の波に翻弄されました。本展では、初公開となるいわき市勿来関文学歴史館所蔵の自筆書画を中心に、同時代を生きた文人、画人たちの書簡や書跡、早世した妻・痩玉や明治~大正期に俳人、俳論家として活躍した息子・大須賀乙字の資料などをご紹介します。


■会期
2021年11月20日(土)~2022年2月15日(火)


■期間中の休館日
12月15日(水)、1月1日(土)、1月19日(水)


■場所
いわき市勿来関文学歴史館
〒979-0146 福島県いわき市勿来町関田長沢6-1


■開館時間
9時~17時(入館時間 16時30分まで)


■入館料
一般 330円
大高中 220円
小学生 170円


■ 期間中のイベント
(1)企画展講演会
   「大須賀筠軒と瀧川君山との交友―「牛蠱行」と「集杜」―」
   日時:12月18日(土) 14時~15時30分
   会場:体験学習施設「吹風殿」(いわき市勿来関文学歴史館に隣接)
   講師:池澤一郎氏(早稲田大学文学学術院教授)
   定員:20名(先着順、要事前予約)
   ※電話またはメールにてお申し込みください。

(2)冬休みクラフト教室「ヒンメリを作ろう」
   日時:12月25日(日) 14時~15時30分
   会場:体験学習施設「吹風殿」(いわき市勿来関文学歴史館に隣接)
   講師:当館学芸員
   材料費:500円
   定員:20名(先着順、要事前予約)
   ※電話またはメールにてお申し込みください。

(3)ギャラリートーク
   日時:12月12日(日)、1月16日(日)、2月13日(日) 14時~14時30分
   ※要観覧券


■主催・お問い合わせ先
いわき市勿来関文学歴史館
〒979-0146 福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
TEL 0246-65-6166
メール bunreki@iwaki-ec.or.jp
公式HP http://www.iwaki-ec.or.jp/bunreki/
Twitter https://twitter.com/bunreki

企業情報 企業データ

ふくしまニュースWeb Provided by Like-s ( ニュース配信 )

〒 9608254 福島県福島市南沢又河原前11番地 [株式会社ライクス内Web事業部]
TEL : 024-557-8053
ホームページ : http://www.like-s.jp/
e-mail:info@news-r.jp