ふくしまニュースリリースは、福島県内のお店や会社が自らニュースを発信できるホームページです。

福島民報社 広告局
024-531-4161

> ニュース一覧 > 9月11日、猪苗代町の中ノ沢温泉で、たこ坊主誕生100周年「第1回中ノ沢こけし祭り」を開催します。こけし販売や絵付け体験、マルシェ、スタンプラリーも!(ふくしまニュースWeb )- 2022.08.08(月) 07:30

ニュース

9月11日、猪苗代町の中ノ沢温泉で、たこ坊主誕生100周年「第1回中ノ沢こけし祭り」を開催します。こけし販売や絵付け体験、マルシェ、スタンプラリーも!

ふくしまニュースWeb

2022.08.08(月) 07:30

9月11日(日)に中ノ沢体育館、温泉街で、たこ坊主誕生100周年を盛大に祝う「第1回中ノ沢こけし祭り」を開催します

猪苗代町の暮らしの中に息づく「中ノ沢こけし」

2022年、中ノ沢こけしの代表的なこけし「たこ坊主」を生み出した岩本善吉が中ノ沢温泉にきてから、100周年を迎えます。この100周年を記念して、中ノ沢こけしプロジェクト実行委員会は、9月11日(日)に「第1回中ノ沢こけし祭り」を開催します。

当日は、こけしの即売や絵付け体験のほかに、マルシェ、町内外の飲食店・クラフトの出店など、イベントが盛りだくさん。いなわしろカワセミ水族館とのコラボレーションによるアクアマリンふくしまの移動水族館や、磐梯南ヶ丘牧場の協賛による移動動物園などもありますので、お子様連れのご家族にも楽しんでいただけます。

スタンプラリー「入る・食べる・買う」も実施いたします。お祭りのメイン会場や中ノ沢温泉街の地元店舗での飲食、お土産の購入、日帰り入湯で、スタンプを集めると、非売品の中ノ沢こけしグッズがもらえます。みなさまのご来場をお待ちしております。


■開催日時
2022年9月11日(日)10:00〜15:00


■会場
猪苗代町中ノ沢体育館(福島県耶麻郡猪苗代町蚕養沼尻山甲2855−173)ほか、中ノ沢温泉街


■内容
12系統のこけしと、中ノ沢こけしの展示、寄付こけしの展示、中ノ沢こけしの工人紹介、中ノ沢こけし絵付け体験、中ノ沢こけし発掘プロジェクト、マルシェの開催、「入る・食べる・買う」スタンプラリー、アクアマリンふくしまの移動水族館「アクアラバン」の設置、磐梯高原 南ヶ丘牧場の移動動物園


■中ノ沢こけし発掘プロジェクトについて
来場者のお気に入りの中ノ沢こけしをお祭り会場にお持ちいただき、中ノ沢こけしと持ち主のエピソードを伺います。なお、昨年に続き、今年も中ノ沢こけしのご寄付を受付けており、先着50名様にプレゼントを用意しています(当日は昨年の寄付こけしの展示も行います)。


■前泊者特典
9月10日宿泊者は前日にこけしの販売整理券を配布します(対応宿チェックイン時に整理券引換券を発行、旅館案内所にて整理券と交換)。
【前泊特典対応宿】
花見屋旅館、磐梯 西村屋、旅館 白城屋、大阪屋旅館、平澤屋旅館、朝日屋旅館、五葉荘、扇屋旅館、御宿 万葉亭、磐梯名湯リゾート ボナリの森、田村屋旅館、沼尻高原ロッジ、森の旅亭 マウント磐梯


■詳しくは、中ノ沢こけしプロジェクト実行委員会のSNSをご覧ください。
Instagram https://www.instagram.com/nakanosawa_kokeshi/
Facebook https://www.facebook.com/Nakanosawakokeshiproject
公式ホームページ https://www.nakanosawa-kokeshi.jp/


■中ノ沢こけしについて
中ノ沢こけしは、東北地方の主に産地で分類された12系統のうちの一つ「中ノ沢系」の伝統こけしです。こけしの形や構造は宮城県「遠刈田系」の影響を受け、頭頂の蛇の目模様は福島市・土湯のこけしに似ていることから「土湯系・亜系」と言われてきました。胴には牡丹や桜が描かれていますが、デザインの大部分がオリジナルであり、その独自性から2018年に「中ノ沢系」として独立呼称が認められました。
代表的な中ノ沢こけしの1つである「たこ坊主」は大きく見開いた目が特徴で、1922年に中丿沢温泉に移り住んだ流れ木地師であった岩本善吉が生み出したものです。「たこ坊主」こけしは、息子・岩本芳蔵に受け継がれ、現在は9人の工人が活動しています。


■お問い合わせ
中ノ沢こけしプロジェクト実行委員会 
メールアドレス info@nakanosawa-kokeshi.jp

企業情報 企業データ

ふくしまニュースWeb Provided by Like-s ( ニュース配信 )

〒 9608254 福島県福島市南沢又河原前11番地 [株式会社ライクス内Web事業部]
TEL : 024-557-8053
ホームページ : http://www.like-s.jp/
e-mail:info@news-r.jp